スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年11月29日

リポで復活した漢(変態GUN)達 -クリンコフ改 篇-


毎度お世話になります、オヤジGUNです。

11月に入ってからというもの、既に忘年会モードに突入し、ほぼ毎週末酩酊しております。財布の中にはオネイサンの名刺がイッパイですが、まるで覚えていません。

ブログの更新どころかネタさえありません。

仕方ないので、また過去に作製した変態GUNのご紹介をしたいと思います。





さて、ビンラディン氏の話題もひと段落と言ったところでしょうか。
センシィティブな問題ですのでコメントは控えさせて頂きますが、私のビンラディン氏の印象と言えば

「いつも傍らにクリンコフを持った、ウッドランドのオッサン」

です。

そんな感じでクリンコフは敬遠していたのですが、パッケージ的(ショートバレル+折りたたみストック)には非常に気なる存在でした。
そんなある日、友人から

「韓国のアカデミー社から出ているエアコキのクリンコフってマルイのAKメカボがポン付けできるって知ってた?」

と言う、どうでもよい情報が…

つまり作れと言うことです。もうアカデミーエアコキクリンコフもマルイAKも準備してありました。





まあ、実際にやってみるとそのとおり、ポン付けで作製する事が出来ました。


「ふーん、出来るもんなんや」
と全く他人事でしたが、その軽さ、ユーティリティーの良さが伝わってきました。
最低限の要所パーツが金属製でそれ以外はストックすらすべて樹脂製。しかし元のデザインが優秀なのか意外と高い剛性・・・AKユーザーで気分を変えるにはもってこい…
「あれ、これ良いかも」
と思いつつも、友人に納入。それでこの関係は終わりと思いました。

が・・・

「いやー、これズゲー調子良くてさ、軽いし。おんなじ物(電ガン加工済み)2丁ヤフオクで落としたよ!」
との事。
なんと言う、人を小馬鹿にした言動でしょう…結構、がんばって作ったのに…
冗談ではありません、思わず

「じゃあ、オレの作ったヤツ、買い戻させて!」

介抱泥棒にあった気分です。





結局、加工・塗装したフォアグリップは進呈したものの、本体はGETできました(このフォアグリップ作製の際、使用した缶スプレーが以前ご紹介した「海草サラダ迷彩塗装」に使われました)。
フォアグリップはレール付きに換えようとしていたので無くても平気です。でもクリンコフ用のRAS(?)は重たそうだし、買いたくても売ってなかったので「アイデアの泉」に水没中(=死在庫)のライラのAK用ボトムレールを使用しました。





これは以前AKに狂っていた時期に購入したものです。造りは非常に良いのですが、自分のAKは短くしちゃったので使っていなかった代物です。
サイドレールは同社HK用サイドレール。なぜか「アイデアの泉」にありました。
Bodyとの横幅もぴったり、ボディにネジ止めして固定しました。
フリーフロート機構なんて概念はAKには存在しません。
そしてオレ的定番のFNグリップ(UFCの74用)を付けて出来上がり!
ここまで書くとアホみたいに簡単に作れそうですが、改善点を少し…

マガジンキャッチはマルイ純正を移植しました。本個体だけなのでしょうか、微妙な寸法の違いから、アカデミーの物、そのままだと給弾不良が起きるようです。
また、マルイ純正Mgの給弾口周りの縁の出っ張りが本体に干渉し、これも給弾不良の要因となるので本体側を削りました。
これでマルイ純正Mgも使用できるようになりました(クリンコフで47のMg使用の時点でアウトなんですが…)





コネクタ接続は後方で出来るよう、配線は思い切って引き直しました。





純正は前側にコネクタがありますが、後方に持ってくると、このクリンコフは前が太いパイプなので12vウナギまで使用できるようになりますし、バッテリ交換が楽になります。
メカボを押さえる黒い樹脂パーツもつけません。

完成してみるとボトムレールの分だけ若干、重量増になりましたが、まあ、良しとします。

かくして「超軽量アタッカー系」または「二日酔いでサバゲ」向けクリンコフが完成したのですが・・・。

ウナギバッテリーが死滅していました。既述のニッカド12vも満充電できない状態に・・・
このためしばらく存在すら忘れていました。





しかしリポ導入で復活いたしました。

とりあえず長掛けHOP(電気ナマズ辛口)とパカ山ノズルでアップデイトして試射。
基本、AKなので短いバレルの割には素直な弾道。46m先の一斗缶にガンガン当たります。
集弾性を観察するためマウントベースもDIY。アイアンサイトも使えます。





非常に良い感じでしたが、弾詰まりが発生。
悩んだ挙句、ノズルをノーマルに戻したところ、解決しました。
なんかナマズとパカ山ノズルは相性が悪いのかな…?
それともこの季節、流速でないとナマズの赤はでは硬すぎるのか…

個人的にはパカ山の方が好きなのですが、やはりブランドは揃えた方が相性としては良いのでしょうか?調子の良し悪しを「相性」で片付けるのは甚だ不本意なので、いずれ「かっぱバレル」も検証しなくてはなら無いでしょう…多分。

しかし、あのネーミング、何とかならんかな…

まあ、いいや。






さて、既述の友人は本機種をどう使っているかというと・・・

スナイパーやるときのセカンダリに使用しています。

いくら軽いからって、そーゆー使い方かよ・・・

さっきからアンブッシュしないでバンバン走り回っています。アクティブスナイパーとの事ですが、アクティブにもほどがあります。
ギルスーツを着て走り回るその姿は「地獄のムック」の名に恥じません。

確かに彼には2丁必要だと思いました…







ご閲覧、ありがとうございました。





  


Posted by オヤジGUN  at 21:21Comments(2)AK系

2011年11月18日

すきまM4




毎度お世話になります、オヤジGUNです。

最近、枝野経済産業大臣とかが「スキーム」とか言っているのをよく耳にします。
私の会社でも他部署の上司が「チミ、スキームはどうなの?」とか言っています。

ジジイの流行語みたいなモンでしょうか?

「枠組みを持った計画」とか「基本的なしくみ」とかの意味で「スキーマ」という言い方もあるようです。

そこで今回は「スキーマM4」のご紹介です。














名前の由来はご覧の通り隙間があいているからです(駄ジャレかよ…)。



ハイサイにも飽き、流速チューンにも疑問を持ち始めたため、新しいスキームでスキーマなM4を組む事としました。
そのスキームとは

「フツーのスプリングとフツーなバレル長でフツーに飛ばす。」

です。





ただ、実験的な試みとしてACE研究所製『参式滑空銃身』を使用しました。実質的にはこのバレルの評価と言うことになります。そのためフツーの仕様が必要になったわけです。


「かっぱバレル」とか「電気ナマズ」とか消費者をナメきったネーミングは覚え易いのですが、このバレルは逆に真面目すぎて全く言いにくいです。

堅いネーミングとめんどくさそうな集弾のメカニズムから敬遠してきたのですが、「よく当たる」旨のクチコミを聞くようになり、入手・評価の運びとなりました。

結論から申しますと
「アレ?結構真っ直ぐ飛ぶじゃん」

と言った評価です。クチコミ通り……コレ、ちょっと良いかも…

ただ、HOPのパイプには「スナチャン」を使用し、ノズルも「パカ山クラフト」製を併用しての評価です(評価と言えるかどうか…)。
スプリングはアングス製「M」を使用し、初速も95m/sと高めのセッティングです。
スコープやサイトをちゃんと調整したら45m先の一斗缶にほぼ全弾命中でした。
フライヤーもあまり無い感じ。

つまりHOPが効いた後も同じ軌道をたどっているということです。
電動ガンの場合、HOPが効く前は大体良い集弾ですが、HOPの効きにバラツキがあり、結果的に集弾がバラつくといった感じですが、本条件ではそれが改善されていました。
理由はバレルなのかノズルなのかは判りません…。





また、チャンバ(LL製メタルチャンバ)とバレルとのカラー(スペーサ?)は使用していません。なぜかと言うと「パカ山」様のHPにそう書いてあったから、そうしました(小学生の作文かよ)。

ともあれ、リポ7.4vでもG&G「M120」モーターを使用しているので20r/sというちょうど良いのサイクルにもなりましたので過不足無く楽しめそうです。





やっぱり「フツー」が一番ですな。

SS109のブルバレルに見慣れた昨今、223の細いバレルはなんとなくイイ感じで気に入っています(それはオレがオッサンだから)。




ご閲覧、ありがとうございました。



  


Posted by オヤジGUN  at 20:32Comments(0)M4(AR15)

2011年11月07日

米海兵隊 COMBAT DESERT JACKET





毎度お世話になります、オヤジGUNです。

ちょっと前の話ですが、この秋のワードローブを購入しました。
それがこれ
「COMBAT DESERT JACKET」
です。
デザートピクセルは普段着としても通用しそうなので注目していましたが、コイツは2.5マンエンのしたので見向きもしていませんでした。





実はコンドルのソフトシェルを購入すべく中田商店に行ったところ、私に合うサイズが欠品しており、泣く泣く帰るところでした。そんな時、

「オニーサン、オニーサン、防水ジャケットお探しならオススメがありませすぜ…」

という怪しげな店員さんの声…

オニーサンなどと呼ばれて財布のヒモもゆるむ予感がしたのですが、すすめられたのがコレだったのでスルーしようとしたところ

「コレ、新価格で6800円!」

えー、ウソー!! フリース(防寒ライナー)より安いじゃん!! ひょっとしてヒデーイレギュラー品?
しかしここは天下の中田商店、そんな物があるわけがありません(たまにある)。
少し袖の色合いが違う旨の説明がありましたが、聞いちゃいません。ソッコー買いました。





詳細は他のブロガーさんや雑誌で紹介しておりますのでそれを参照してもらうとして(またかよ)、実際に雨の日に着てプルーフテストを行いました。

小雨の中、約20kmほど自転車で疾走。
事情を知らない方には、気の毒な人にしか見えなかった事でしょう。





袖がめくれないようにこのような機能があるのはチャリにはありがたいのですが、サイズが小さかったみたいで指の股が痛くなっちゃいました。
懸念された伸縮素材からの水の浸入は問題なかったのですが、若干滲(し)みている様子…

軍装マスターの友人に確認したところ

「あー、それゴア使ってるけどECWCSみたく完全防水じゃないよ」

との事。
えっ、そうなの?という私の疑問に

「だって、砂漠に雨ふんねーじゃん」

という見事に正鵠を得た解答…そうだよね…
たしかにどこを見ても「ウォータープルーフ」とか「ウォーターレジスト」とか書いていません…





しかもうっすら濡れた袖がピンク色であることが判明。

ワイルドな「ゴツゴツ系オヤジ」を気取るつもりでしたが、すっかり「ピンク系男子」になってしまいました…

とはいえ、デザインも機能(防水以外は)も逸品ですので結構気に入っています。

多分、この冬、ミリタリー関係のイベントに行ったら「ユニ(クロ)かぶり」ならぬ「CDJかぶり」が多発するだろうな、という予感がします。


次はオネーサンの店での反応をプルーフテストしたいと思います。





ご閲覧、ありがとうございました。







  


Posted by オヤジGUN  at 19:17Comments(0)装備系

2011年11月03日

タボーーール(安い方)





毎度お世話になります、オヤジGUNです。

以前、記事にいたしました友人所有のタボールが案の定、修理(チューニング)に入りました。キャバ通いの抑制の意味もあるとの事ですが、まったく迷惑な話です。
正直メンドクサイのですが、いつも世話になってる友人ですし、ブログのネタにもなりそうなのでイヤイヤ引き受けました(友人曰く「イヤよ、イヤよも好きの内」だそうです)。





とりあえず分解ですが、ここでイキナリ問題が…
前オーナーが施したボディと上部レールの(ガタつき対策と思しき)接着によりフィールドストリップが出来ません。
どうやら私に丸投げした理由はこの点であるようです…





「出来るかー!」

と、ちゃぶ台をひっくり返したい気持ちを抑えて観察。どうやら接着には瞬間接着剤を使用している模様。
これなら何とかなりそうです。
早速、マイナスドライバーを隙間にあてがい、ハンマー(私はペンチで)でコンコンコン…
バカみたく大量に塗布されていましたが、パキッと剥がす事が出来ました。

今回の作業で一番の難関がココでした…

オッサンらしくウンチクを言わせて頂くと、強力に接着したいのであればABSには瞬着はダメです。溶剤系の接着剤(模型屋やホームセンターで売ってるセメダイン社製の黄色いヤツ)とかアセトン、MEK(メチルエチルケトン)、トルエン(純トロ)が良いです。
なぜならば、瞬着は引っ張り応力には非常に強いのですが、せん断応力には弱いという性質に対して…

もうやめます。

今回はアセトン無しに剥せたのでラッキーでした(瞬着はアセトンに溶ける)。





こうなればコッチのモノです。セレクタの修理とスプリングの交換が依頼事項でしたが、メカボまでバラしたいと思います。

バラし方ですが、こちらは各著名ブロガーさん達が懇切丁寧に説明していますので省略します(またかよ)。





配線はホットメルトで固定しています。ここは躊躇せず全部剥します。ペリペリとれて気持ちが良い作業です。





噂の樹脂メカボが出てきました。
パッと見、フィラー入り樹脂ですのでグリス(特にオイルがしみ出るタイプ)の多用はヤバそうです。

テフロンコードで引き直しているチューナーを小馬鹿にしたような非常に長い配線…
まあ、いいや。





ここでまたもや問題。
エジェクションカバーを留めているネジが空回り…
ナット代わりのエンザードがバカになっているのでしょう、ネジが外れません。
しかたないのでエジェクションカバーを削ります。メカボは樹脂なのにここはアルミの切削品…意外と手間を強いられました。
このエジェクションポート、結構良い出来です。バレルもシリンダもアルミ製であることからアルミの切削技術は得意なのでしょう(じゃあ、メカボもアルミで作れよな)。









メカボのネジはタッピングではなくナット埋め込みのミリネジです。
中身はどっかで見たことのあるようなテッチンギア。まあ、良いんじゃないでしょうか?
総じて「なかなかよく考えられている」という感想を持ちました。ピニオン調整も出来るし…
前オーナーも心得ているらしくグリスは最低限です。宇宙人の体液も除去されている模様。

軸受けは8mmの金属製。8mmベアリングでも組めとの事でしょうか…



アルミのシリンダはというと、意外と気密性が悪いです。Oリングをマルイ純正にしてもなんか漏れる…仕方ないのでマルイ純正の真鍮製に交換。材質によるものかクリアランスの問題なのかわかりませんが、調子が良くなったので良しとします。

ピストンヘッドのOリングをマルイ製にしたところちょっと太いようで、ピストンヘッドとのクリアランスがパツパツです。穴あきの機能が無くなるような気がしましたが、ノズルがミゾ付きだったので「引けなくなる事は無かろう」と言う判断をしました(解る?)。

ピストンはマルイ純正を踏襲したようなウエイトが入っていました。したがってフツーの「0.9J」スプリングとかをそのまま着けると1Jオーバーしそうなので注意が必要でしょう。ピストンヘッドをカスタムする気はサラサラありません。
コイツはメカボをバラさなくてもスプリング交換が出来るギミックがあるので、計測しながら現物あわせしようと思います。





組上げてとりあえず試射。

スプリングは十分な長さがあるはずですが

「バイン バイン バイン…」

なんかカットされたスプリングのような音。友人はこの音に懸念を抱いたのでしょう。
しかしながらこれは大きなフレームのモナカ構造に由来する物と考えられます。
ステアの

「ボフ ボフ ボフ …」

という発射音はフレームが一体成型&肉厚であるから成せる技。なのでこの音を再現するにはそれこそ接着して防音材でも詰め込まなければなりません。
ちなみに私のマグロ(F2000)も同様なバインバイン音がして防音材(スポンジ等)を詰め込みましたが根本的な解決にはほど遠かった記憶があります(それ以上にケヒャヒャヒャヒャ音がひどかったから)。

バレル周りはそのままにしました。アルミ製のバレルはフルオートでは疑問が残りますが、個人的には嫌いじゃないので(大昔アルミバレルのマルイ製エアコキMP5がやたら良く当たった幸せな思い出から)、そのままにしました。

とりあえずここまでやって後は実際のフィールドで試射を残すのみです。何本かレートの違うスプリングを持ち込む予定です。過去にもこの友人に頼まれて怪しげなスプリングを摘出しており、正体不明なスプリングが多数ありますので、使えそうなヤツを適当に選んで、適当にぶち込んで納品したいと思います。






総評としては、長く使えるような機種では無いし、チューニングの幅も狭いと思います。
しかし…未来銃然としながらも、実銃の設計思想が高いのか非常に扱いやすくゲームでの使い勝手は良さそうです。しかもメカニカルなデザインがなかなかそそります。
ハッキリ言って

カッコイイ

こーゆーのが好きなヒト(オレとか)にはたまらない一品です。プルバップなのにバッテリー前方置きでバランスも良いし、第一、非常に軽いです。ハイエンドモデルではこうは行きません。しかも何でも新品でも14k位で買えるとか…
これならメカボがネジ切れるまで使い倒すというのも手ですし、M4ユーザーにはバックアップとしてもアリだと思います。
ぶっちゃけ
「タボールほしいけど、キワモノに大きな出費はやだな」
というヒトにはオススメです。

ともあれ、また試射してオモシロ事件がありましたら報告したいと思います。




ご閲覧、ありがとうございました。

  


Posted by オヤジGUN  at 19:59Comments(2)修理依頼