2012年02月06日

マグプル・ノベスケ・SR





毎度お世話になります、オヤジGUNです。

 節分も過ぎ、暦上は春と言う事ですが、まだパッチが手放せない季節柄、私もビミョーに風邪をひいてしまい、先ほどから見たこと無い様な色の鼻水が出ています。
出歩くこともアレなので、おとなしくGUNいじりやブログの更新でもするといたします。

 先達て、ご紹介した我ハイサイ+ハイトルクモーターなMAGPUL M4をサバゲでプルーフしたところ、ブローもせずに済みました。



とりあえず調子も良いので「これでおしまい」としたかったのですが、一応バラして中身を確認すると共に、ロアをユニバーサル的なマスタピースとすることにしました(はっ?ナニ言ってんの、オッサン)。

御覧のようにハンドガードをマグプルにしておりますが、私の性格ではすぐ飽きてしまいます。そもそもMGPULハンドガードをつけたのは、たまたまFETを試そうとした時、前出し配線しか在庫が無かったためです。このためFETレスの後出し配線にし、アッパーを着せ替え出来る様に戻します。

http://oyazigun.militaryblog.jp/e223562.html

とりあえず分解

ゲームやらコソ練とかで組んでから33r/sで5,000発位撃ちました。









 ピニオンは問題ないものの、カーボンというか削れたブラシが結構飛んでます。11.1vでまわしているのでこんなもんでしょう。
早く電ガン用のブラシレスモーターが出て欲しい物です…





あれっ、セクタチップがありません。

取れちゃったみたいです…





 こいつは樹脂製で、加工はラクですが、御覧のように変形してしまい、外れてしまったと推察できます。ハイサイで使用するには耐久性が無かったようです。
しかたないのでタペプレをハイサイM4用にします。つっても最近フツーのM4用の純正タペプレ買ったらコレでした。

ピストン




 こいつも3,4,5枚目が削れています。前進スピードが足りなかったと思われます。でもまだ使えそうなので良しとします。でもSHS14枚フルメタルを買ったので試しに使ってみたいので交換です。

セクタ



 これも問題なし。純正ですが十分な強度がありそうです。しかし、これもSHS製セクタ3枚カット品に交換します。なぜなら、やっと担当をダマくらかして会社のグラインダーでセクカ加工できたからです。バレない様にあわててやったので結構切削面はガタガタなので写真はありません。
削って判ったのですが、このギア、そんなに硬い材質使っていないようですね…
パキッと割れない代わりにバリが立ちそうです。他のギアを見ても結構バリが立ってますのでエッジと共にヤスリでヤスっときました。





FET






 摘出した自作前出し内蔵型FETです。結果的にはリポ11.1v+ハイサイギア+アングスHCスプリングの組み合わせに耐えました。たしかIR社製1404一石です。
FETを取っちゃったので、使っているうちにセレクタプレートやらスイッチ樹脂部が溶けて通電不良になったりすると思いますが、その時はその時に考えるとします。






これに伴いバッテリをストックに収めるのですが、今回チークパット(蓋)の固定を「ネジ留め」から「パッチン留め」にしました。
ポリカM3ネジを薄型ナットで固定。出たところを1~2mmでカットし、ネジの「谷の径」までネジ山を削ります。削ったネジがM3ネジ穴に入り、チークパットの弾性で「パッチン」と固定できます。ナットの厚み分、収納幅が大きくなり11.1Vも収納できるようになりました。





今回ネジ穴保護のためポリカを使いましたが、バカ穴にしてしまえば鉄ネジでも良いかと思います。
例の如く、めんどくさいのでポリカネジは未塗装のまま…


アッパー




 ハンドガードは以前、徒然なるままに購入したジャンク品のノベスケです。G&Pのアッパも同様です。なにげに「SR-16 M4」のプリントが…マズルはURXなのでまあ、良いとします…(これもジャンク)





しかし、このマズルはVFC製かキングアームズ製か判りませんが、インナバレルのガタを無くすようにタイトな内径です。集弾性に有効であると思い採用。





これに合うように、短いアウタバレルにエクステンションを継ぎ足し、継ぎ足し丁度良い長さにします。このアウタもジャンク。
しかもチャーハン(チャージングハンドル)が無かったのですが、たまたま弾を買いにいったショップにジャンクで¥300でありました。ラッキー!!

ほぼすべてジャンクで出来上がりました。
こーゆーヤツがいるから日本のケーザイ活動が停滞するんだろうな…

よし!週末は〇ニクロでパッチでも新調しよう!!

そんなこんなで出来上がり!





 実射性能としては初速Max98.2~97.4m/s、サイクル33.3r/m(UFC製弾速計)。以前とほとんど変化無し。トリガのキレも健在。初速が高めなのが玉にキズ。
しかもなんだか静かになって集団性も良くなったカンジ…
0.28gなんて使ったらもう、タイヘン。

あれっ、コレちょっと良いかも…

ギアの面取りとかマズルが効いているのでしょうか?
それとも風邪で耳がおかしくなっているのか?





ちなみにレシピは

・13:1ハイスギア (SHSセクタ3枚カット)
・リポ:11.1v(FIRE FOXおよびイーグル製)
・モーター:HT40000モーター(AIP製)
・ピストン:14枚メタル品(SHS)
・ピストンヘッド:マルイ純正(Oリングのクリアランスはスカスカ)
・スプリング:HC専用0.9J(アングス製)
・シリンダ:加速シリンダM4サイズ(マルイ純正)
・ノズル:でんでんむし
・軸受け:オイルレスメタル(メーカー、焼入れ品)
・チャンバ:ライラ製 長掛けHOP 電気なまず(辛口フルサイズ)
・タペプレ:HC M4用(マルイ純正)
・バレル:参式滑空 302mm(ACE研究所)
・初速:Max98.2m/s(HOP無し)MAX97.4m/s(HOP適正)(0.20gマルイ製ノンバイオ使用)
・サイクル:33.3r/s

今回の作業で判った事は

「参式使って、インナーバレルの先っちょのガタを無くすと集弾性が上がる」
「ギアの面取りをすると静かになる」
「鼻水は良く見ると緑がかった黄色」

あくまでも個人的な感想ですので信じるか信じないかはアナタ次第。
それよりも先ほどから鼻水が「緑がかった黄色」から「オレンジ色」に変わってきている方が気になります。

ハナをかみすぎて血が混じっているようです。

今晩は暖かくしてゆっくり休みたいと思います。
皆様もお風邪など召しませぬ様、ご自愛ください。



ご閲覧、ありがとうございました。









同じカテゴリー(M4(AR15))の記事画像
M4 HC「パトリオット」(トミマツ・モデル)-続き-
マルイ製 新M4 HC「パトリオット」
M4PDW(厨二Ver.)とニセ416D
サラリーマン川柳
(現実)M4PDW(逃避)
(秋冬)スランプ・続き(コレクション)
同じカテゴリー(M4(AR15))の記事
 M4 HC「パトリオット」(トミマツ・モデル)-続き- (2016-07-06 20:48)
 マルイ製 新M4 HC「パトリオット」 (2016-04-21 23:24)
 M4PDW(厨二Ver.)とニセ416D (2015-06-04 23:03)
 サラリーマン川柳 (2014-03-18 21:33)
 (現実)M4PDW(逃避) (2013-08-16 22:21)
 (秋冬)スランプ・続き(コレクション) (2013-08-11 22:05)

Posted by オヤジGUN  at 19:33 │Comments(2)M4(AR15)

この記事へのコメント
こんばんは。
こちらも風邪を引きずっている出二夢カズヤです。

鼻水の色具合では負けますが・・
というかその色、大丈夫なんでしょうか(汗)

今後M4修羅道に踏み込もうと考えている私にとって、
オヤジGUN様のブログはバイブルであります。
(振動するやつではありません)

フルオートはともかくとして、
セミの切れ味を重視したいので、
ちょいハイサイくらいのセッティングで
組み上げてみたいんですよね。

今はUZIで手一杯ですが、
いずれM4を始めた時には、
ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

では、私も暖かくして寝ようと思います・・・
Posted by 出二夢カズヤ(でにむかずや) at 2012年02月08日 01:18
出二夢カズヤ様
毎度お世話になります、オヤジGUNです。

コメントありがとうございます。
鼻水に関しては「直りかけてる証拠だよ、大丈夫!」
とγ-GTP値記録保持者の同僚からアドバイスを受けました。

バイブルとはお恥ずかしい…しかし「M4道は茨(いばら)道、進むも地獄、引くのも地獄、引くに引けない男道」です。

でもハイサイギアとハイトルクモーターの組み合わせはオススメです。

個人的にはUZIをもう少し引っ張って欲しい気もします。
いっそのことチャンバ丸ごとマルイ製にしちゃうとか…次世代用ならノズルも長いし…
これも「茨道」っぽいですね…忘れてください…

以上、よろしくお願いいたします。
Posted by オヤジGUNオヤジGUN at 2012年02月09日 00:20
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。