2014年12月14日

ハイキャパ E






 毎度お世話になります、オヤジGUNです。

 半年以上の無更新を経ての投稿ですが、その点の経緯は全く無視して本題です。

 イヤイヤまてまて

 実のところ、社内移動で慌ただしく、残業三昧の日々。
上司との意思疎通の構築になやみ(そんな)、新しい同僚に気を遣い(タマじゃ)、資料作成のルールにすら悪戦苦闘の日々(ねーだろ)。

 おかげで酒量が増えました。
(それは別のハナシ)

 作業室もない事務職然とした職場にパワハラ上司。サービス残業と称してのエアガンのパーツ加工も不可能、ストレスは確実にモチベーションを蝕みます。

 エアガンいじりどころか、身体の一部位をイジる気力も起きません。





 そんな中、待ちに待った新製品である「マルイ製電ハンハイキャパE」が発売され、購入し、大した事もしないでも記事書けるだろうと考え、久々の投稿をした次第です。詳細なインプレはメジャーなブログや雑誌記事をご参照ください(ナメてんのか)。

 とはいえ、販売翌日に購入したほど思い入れのある機種(ホントは二次ロットを待つほうが賢い消費者)。電ハンは評価はイマイチですが、サバゲに重きを置く小生にとっては、動向すら観察対象であるマストアイテム。

「環境(外気温等)に左右されず、安定したパフォーマンスを発揮する道具」

 という観点から、支持をしていました。




 電動GUNが当たり前になっている昨今では理解しがたいと思いますが、四半世紀以上サバゲに携わっている者(ガスガンとかでサバゲしたことのある者)としては、この特性は画期的で、パラダイムシフトを通り越してトラウマです。
 しかしながら、電ハンとなるとその感動は不思議とありませんでした。「しょぼい発射フィーリング」や「高級ワリバシマガジン」などが理由として挙げられますが

「ウチ、そればかりではないような気がするん・・・・・・」

 というのが正直なところ(つまり、あんま考えてないってコト)。期待を寄せる理由はなかったのですが

「ハンドガンはガバに始まり、ガバに終わる」

 な私としては万難を排し、購入する必要があります。
http://oyazigun.militaryblog.jp/e226097.html




 地元にショップがないため、本品を入手すべくSt.アキバ(聖地秋葉原)へ上陸(べつに海、渡ってねーけど)。

 しかしながら発売直後では「予約分で終わり」というショップが大半でした。

「キャンセル分よこせ」

 と詰め寄る事も可能なのでしょうが、折角なので別の聖地アカバネまで足を伸ばしました。
 案の定、不良在庫のように(失礼)積み上げられた新製品を目(ま)の当たりにして、老舗の底力を感じました。
 こうしてレジの店員の受け答えにイラッとしつつ、無事購入。
 期せずして開催中の「中古市」も堪能でき、ちょっとウキウキ気分で帰宅。

 早速翌日、「コソ練(コソコソ練習すること)」に勤しんでいる友人や後輩達に見せびらかしました(帯くらい外せ)。

 気になる実射性能ですが・・・・・・

「アレ?不思議とよく当たる・・・・・・大した改良も無さそうなのに・・・・・・」

 初速やフィーリングなどは既存電ハンとほぼ同じなのですが、ハンドガン用近距離ターゲットにバカバカ当たります。チューンした電ハングロックより調子イイんじゃないの・・・・・・?




「剛性が高まっているのか?」

 同じ電動GUNでも剛性の高いAKはノーマルプラフレームでもM4なんかより高い集弾性を示します。そーゆーロジックかなと思っていましたが

「オヤジGUNちゃんはさぁ、やっぱガバ系だとサイト位置とか持ち方とかが慣れてるからさぁ、撃ちやすそうだよねぇ」

 との友人のお言葉。

 なるほどね・・・・・・

 言われてみりゃ、ハンドガンはほとんどネタ以外はガバ系で、MGC製ベレッタ93R全盛期にもAR7使ってたし、グロックなんてほとんど触った事も無く、あまつさえUSPなんてそもそも無かったし・・・‥・

 つまり今までの電ハン不活躍は、私の練習不足であった事を理解しました。


納得


 しかしながら、欠点も無い訳ではありません。それは

「イタすぎるチェッカリング」

 どうもコイツも電ハン特有の

「見た目には全く分からないが専用ホルスタに入らない程度の微妙なディフォルメ」

 が施されているようです。それはグリップの寸法なのでしょう、素手で撃つと、お風呂に入ったとき、右手中指の付け根あたりがしみるくらいの痕が出来るくらい、チェッカリングが食込みます(よくわかんねーよ、この文章)。

 とはいえ、そこを改善させるのもまた楽しみの一つで、良い意味でチューンドベースとしてのガバの系譜を踏襲しているとも言えましょう。




「メカボが詰まってるけど、どこまでハイグリップできるかチャレンジしようかな?」

「銀塗装のパーツは全てつや消し黒に・・・・・・スライドだけDEかODにしようかな・・・・・・」

「早くこれにあったCQCホルスタ、ウイリーさんアナウンスしてくれねーかな?」

「ハイキャパをボブチャウばりにカド丸めたら変態扱いされちゃうかも、ウフフ・・・・・・」


 夢は膨らむばかりです。


 いやいや、好きなガバ系ということで長文になり失礼いたしました。


 いずれまた、チューンなどが進みましたらご報告したいと思います(しねーな、多分)








ご閲覧、ありがとうございました。










同じカテゴリー(電ハン)の記事画像
Auto 9 (電ハン始末記番外篇)
電ハン始末記(Hi-CAPA E篇)
USP(電ハン)を(あえてこの時期に)イジろう!
AGITO with 18C(電ハン)
同じカテゴリー(電ハン)の記事
 Auto 9 (電ハン始末記番外篇) (2015-09-16 22:32)
 電ハン始末記(Hi-CAPA E篇) (2015-08-13 23:25)
 USP(電ハン)を(あえてこの時期に)イジろう! (2015-07-04 13:35)
 AGITO with 18C(電ハン) (2013-10-26 00:45)

Posted by オヤジGUN  at 16:50 │Comments(8)電ハン

この記事へのコメント
久しぶりです、身内のオヤジファン内で死亡説が流れてました。復活して嬉しいです!
電動ハイキャパ自分も気になってました。ホルスター入らないなら、スルーかな~・・・。
Posted by しょうた100しょうた100 at 2014年12月14日 17:07
しょうた100様
毎度お世話になります、オヤジGUNです。

 コメントありがとうございます。
 「嬉しい」とは、望外のお言葉、私も嬉しくなっちゃいます。
しかし、死亡説とは……オイシイですな。
 ホルスタに入らないとはブラックホーク製とかのCQCタイプであって、トルネードタイプの汎用性があるタイプなら全然OKです。

またよろしくお願いいたします。
Posted by オヤジGUNオヤジGUN at 2014年12月14日 23:00
はじめまして。ばろんと申します。

当方も電動ガンいじりをする際、いつも参考にさせていただいています。
軽妙なオヤジGUN節がまた読めて嬉しいです。
Posted by ばろん at 2014年12月15日 22:06
ばろん様
毎度お世話になります、オヤジGUNです。

 コメント、ありがとうございます。
こんなテキトーなモノがご参考になれば幸いに思います。
またご期待に沿える様、軽妙に行きたいとも思います。

こんなんでよろしければまたご閲覧いただければ幸いです。

以上、よろしくお願いいたします。
Posted by オヤジGUNオヤジGUN at 2014年12月15日 23:53
ご無沙汰してしまい、大変失礼いたしました。
久々の更新に心ときめかせつつ記事を楽しませていただきました!
相変わらずの名調子に思わずにやけてしまいますね。

私の方も会社の新事業にかかりっきりで、
自分のブログは完全放置の体たらくです(涙)

ただ、来年は少しだけ時間の余裕が出来そうなので、
オヤジGUN様を見習って(?)更新かましてみたいと思っておりますです。

ところで、アキバ上陸の折にはもしやご来店いただけましたでしょうか。
お会い出来ていないということは、私がいなかった可能性が高く、
もしそうでしたら大変申し訳ございませんでした。

またの機会にお会い出来たら幸いに存知ますので、
アキバ界隈にお越しの際は、是非またお立ち寄りくださいませ~。
Posted by 出二夢カズヤ at 2014年12月19日 21:20
出二夢カズヤ 様
毎度お世話になります、オヤジGUNです。

 こちらこそご無沙汰およびコメント遅延の段、大変失礼いたしました。

 新事業のご担当とはご苦労が忍ばれます。くれぐれも無理をなさらぬ様お願いいたします(オマエがゆーな)。

 そうそう、お店の方でもご無沙汰しちゃってますね。併せてスミマセン……
とりあえず、行くは行くのですが、時間帯が悪いのか、ご不在中の様で

「これもまた人生」

 と退散しておりました。不義理をお許し下さい。

 まあ、長期休暇(正月休み)とかに、また間違いなくアキバには行くと思いますので、その際はよろしくお願いいたします。
例え、ご不在であったとしても、壁に缶スプで

「オヤジGUN参上!」

 くらいのメッセージは残します(ウソ)。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by オヤジGUNオヤジGUN at 2014年12月22日 21:00
Doctor Who is now considered a British Institute and has come a long way since it first aired on November 23rd 1963. The very first show saw the Doctor travel 100,00 years into the past to help some dim cavemen discover light. After 26 seasons and seven Doctors later the series came off our screens in 1989 much to the disappointment of the huge devoted fanbase. In 1996 an attempt was made to revive Doctor Who but it wasnt until June 2005 when it came back with a vengeance with Christopher Eccleston as the ninth Doctor that put the series back on the map as it were. It then went on for 5 years with David Tenant portraying the Doctor until 2010 when Matt Smith took over the role. Today it is still a great family show and has attracted many new fans.

If youre a new or old fan of the show there are Tours and museums you can go and see some of the locations and memorabilia of this classic show. The Doctor Who Tour of London will take you on over 15 locations from the show, some from the new series and some from old sites like the location of The Invasion and Resurrection of the Darleks. The tour also takes you to the TV museum in London where you will get to see some of the cosumes worn in the show and props used. Also you can buy gifts and memorabilia from the shop.

You will learn all about how the shows were made so the tour is also educational. If you want to take pictures of the locations thats not a problem. Remember the front door of 10 Downing Street in Aliens of London? Well you can get up and close to this and get your picture taken in front of the door. Rose Tyler fans will love the tour as you get to drop by her home in the show.

Why not go that extra mile and actually meet a Doctor Who star. Well this is possible with private or group tours. You will get the general tour but included will be a pre-arranged meeting or lunch with a celebrity from the show. This will obviously depend on availability of the celebrity and the cost will reflect the popularity of that celebrity.

There are tours in London and also Wales. The Wales tours take you to Cardiff where you will see lots of location which were featured in shows since 2005. You can leave from London or at Leigh Delamere services station on the M4. There is a Doctor Who exhibition in Cardiff which you get to see. At the end of the Doctor Who tour you get a souvenir group picture sent you by email which is a nice touch.

For seriously devoted Doctor Who fans there is a 3 day tour which takes you to all the locations in both London and Cardiff. You will see locations from the past 45 years as well as recent sites from the lasted Doctor Who series. Day one is based in London where you get to see 15 sites. Day two takes you to Cardiff where you get to mean the real life owner of the to see we have an Gothic property used as the location of the school in Human Nature. The final day is partly spent in Cardiff with a walking tour at Cardiff Bay, then you head back to London but a stop at Stonehenge to see the site of the Pandoica. Then its dinner at The Cloven Hoof pub in Devils End b efore you taken back to central London.

 
Posted by Terrytup at 2017年10月03日 12:38
Writing a medical thesis or dissertation is a task done by almost all postgraduate and master's medical students. Dissertation is derived from the Latin word disserto which means discuss. It is essential to write successful medical papers such as medicine essays and medical thesis papers. There are several reasons as to why students write medicine essays. One of the reasons is to promote enhancement of critical judgment, research skills as well as analytical skills. Moreover, medicine essay writing produce students with the ability to 4evaluate and analyze data critically.

The initial step for writing medicine essays is to choose a topic. A writer should have at least three topics to choose from. The topic has to be interesting, feasible and relevant. It is essential to write quality medicine essay. Hence, students need to have analytical skills and perfect writing skills. The writing skills will enable them write outstanding essay papers that can be highly regarded by instructors and professors. Teachers often require a lot and expect a lot from their students in terms of medicine essay writing. for this reason, students find essay writing to be an extremely difficult task and hence resort to buying custom medicine essays.

A custom medicine essay has to be written by professional writers who are qualified in the field of nursing. Moreover, the custom medicine essay has to be original and plagiarism free. This means that it has to be written from scratch by experts with many years experience. The many years experience should enable a writer to write any form of medical paper including medical thesis, medicine essay and even medicine research paper. Moreover, experience will enable a writer to write a medicine essay that can guarantee academic success.

Students get custom medicine essays from custom writing company. It is essential to choose the best company so that one can get the best custom medicine essay. The best and the most reliable medicine essay writing company should have some unique characteristics such as affordability and the ability to provide original and superior quality medicine essays. The other quality is that the company has to hire expert writers who can write quality medicine essays and other types of medical papers. The essays should not only be quality but also plagiarism free and free of grammatical and spelling mistakes.

A custom medicine essay has a similar structure to any other academic essay assignment. It has an introduction that introduces the topic and tells the reader what the essay is all about. The second section is the body that has many paragraphs supporting the main topic. Finally there is the conclusion that briefly summarizes what has been discussed in the body section of the essay. Students should choose reliable writing companies so that they can get quality custom papers on several fields such as technology, sociology and law in addition to medicine field.

Our custom writing company is the best company that all clients should rely on when in need of any given type of medicine paper. We provide quality papers that not only plagiarism free but also original. Moreover, our custom papers are affordable and able to guarantee academic excellence at all times. All our medical papers are reliable and sure of satisfying clients at all times.

 
Posted by FelixIcery at 2017年10月11日 22:43
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。